3F

楽天ポイントが3倍以上貯まる楽天カードの紹介・保有歴・作成方法・利用方法・覚えておくとよいこと

店長
店長
いらっしゃいませ。こちらは3階クレジットカードカウンターです。
店長
店長
こちらで楽天カードについて紹介させていただきます。
  • 楽天カードとは?
  • 保有したことのある楽天カードは?
  • 楽天カードの作成方法は?
  • 楽天カードの利用方法は?
  • 覚えておくと得することってある?

楽天カードに関してぜひ理解を深めましょう。

楽天カードの紹介と楽天カード保有歴について

楽天カードはクレジットカードなので、楽天市場で買い物をするときの支払いはもちろんのこと、いろんなお店やネット上での買い物で利用することができ、楽天ポイントが貯まっちゃいます。

楽天カードの種類は4種類。

  1. ベーシックカード:年会費永年無料(カードの種類によっては年1回以上の利用で無料あり)
  2. PINKカード:年会費永年無料、女性向けサポートが充実
  3. ゴールドカード:年会費2,200円(税込)
  4. プレミアムカード:年会費11,000円(税込)

ベーシックカードのいいところはなんといっても年会費がずっと無料なところ❗️

PINKカードのいいところは女性向け保証が充実しているところ。

ゴールドカードのいいところは、空港ラウンジが年2回まで無料で利用できるところ。

店長
店長
ゴールドカードは、2021年まで楽天プレミアムカードと同様のポイント還元も大きなメリットでしたが改悪によりベーシックカードと同レベルになってしまいました。

プレミアムカードのいいところはポイント還元が楽天市場でのお買い物で5倍になるところ、空港ラウンジの無料利用(制限なし)、プライオリティパスを無料発行ができ世界中の空港ラウンジを利用可能なところです。

どのステータスカードを選ぶかが重要なポイントとなりますので、参考のために自分の楽天カード保有歴を紹介します。

  1. 楽天カード VISA:楽天で一番最初に保有したクレジットカードで、②の楽天プレミアムカード発行後、自動解約済。主に楽天市場で利用。
  2. 楽天プレミアムカード JCB:3年間年会費無料キャンペーン(1万円 x 3年)時に作成し、期間終了の3年後に解約済。JCBブランドのため、ハワイ旅行中にピンクラインのトローリーへの無料乗車やアラモアナショッピングセンターにあるラウンジの無料利用で活躍
  3. 楽天カード Mastercard:②のプレミアムカード解約時に作成、その後、④の楽天ANA マイレージクラブカードを発行し解約済。Mastercardブランドのため、固定資産税の支払い時にau PAY 請求書支払い(クレジットカードチャージが可能)を利用して活躍
  4. 楽天 ANA マイレージクラブカード:現在、楽天市場でキャンペーンを利用してお買い物中

一番最初に楽天カード VISA を選んだのは当時、自分にとってVISAが一番の選択肢だったからというのが正直なところです。

2枚目として発行した楽天プレミアムカード JCB はもともと作るつもりはありませんでした。ただ、偶然 SNSで見かけたのですが、2018年12月末に1週間だけのスーパーキャンペーンをやっていて、切り替えで3年間年会費が無料というので、ほとんど考えずに作ってしまいました。その後、3年間の間でハワイ旅行で利用したり、ポイント還元も最大でもらえるなどとてもおいしい思いができました。

楽天プレミアムカード JCB を4年目以降も継続を検討したのですが、別クレカで年会費の高額なものを利用していたため楽天カード Mastercardに切り替えました。解約したもう一つの理由としては、通常ポイントを貯めるなら楽天カードで十分だからという理由からです。期間限定ポイントも大量に貯める目的だったならプレミアムカードを継続的に保有していたと思います。

2022年の現在は、楽天 ANA マイレージクラブカードを無料で利用中です。クレジットカードを1度でも利用すれば初年度だけでなく、2年目以降も540円の年会費は無料になります。

実はANAカードを集める変な癖を最近発症しまして、発行しちゃいました(⌒-⌒; )というのが最大の理由になります。

今のところは楽天ポイントを貯める方向で継続中です。楽天ポイント投資をしているのでANAマイレージへ切り替えることはないかもしれません。

楽天カードの安全性

楽天カードを使って楽天ポイントが貯まるのはなんとなくわかるけど、クレジットカードをあまり使ったことのない方からしたら楽天カードって「安全なのか?」という問題。とても大事ですよね。

楽天カードユーザが直接利用できるセキュリティ対策はこちら。

  1. カード利用お知らせメール:不正使用を早く見つけられます
  2. 本人認証サービス(3Dセキュア):ネットショッピング時に本人確認ができないと買い物ができない
  3. 第2パスワード:2重パスワードがかけられます
  4. 指紋認証ログイン:指紋認証を使って解除も可能

ちなみにいろんな楽天カードを5年程度利用していますが、今のところは一度もセキュリティ関連の問題が出たことはありません。安全に利用させてもらっています。

楽天カードの作成方法

楽天カードの券面はたくさんの種類から選べるというのがいいですよね。かわいいものからかっこいいもの、シンプルなものまで好きなやつを選択することが可能です。

楽天カードを選ぶ際にもう一つ大事な要素として国際カードブランドがあります。選択可能なものは以下の4つ。

  • VISA:保有歴あり
  • Mastercard:保有歴あり
  • JCB:保有歴あり
  • American Express:保有歴なし

選択肢は多いです。

それと楽天カードを作成すると、以下の2つの付帯サービスがつきます。

  • 楽天Edy:チャージして支払い時に利用
  • 楽天ポイントカード:ポイントを貯めたり、ポイントを支払いに利用したりが可能

楽天カードを作ったら楽天ポイントカードいらずです。もちろん、楽天ポイントは自動で統合されるので安心してくださいね。

楽天カードの作成方法はいたって簡単。

楽天カードの公式サイトで入会の手続きをするだけです。まだ、楽天会員になってなくても大丈夫ですし、すでに楽天会員(楽天ポイントカード会員)の方でも入会申請が可能です。

楽天カードを作るならポイントサイトのモッピーで利用すると10,000円越えのキャッシュバック

楽天カードの発行は非常に簡単なのですが、ポイントサイトのモッピーに掲載されている楽天カードの広告を経由して楽天カードの発行をするだけでびっくりするぐらいのポイントがさらにもらえちゃいます。ぜひ記事を参考にしてみてください。

入会申請後、審査が終了するとカードを郵送にて送付してくれます。

入会の際に必ず忘れないでほしいのがキャンペーンを利用することで、上記の例では、入会時に5,000ポイントを獲得できちゃいます。

店長
店長
キャンペーンには必ず条件があるので注意しましょう。楽天カード作成&受け取りでもらえるものと、楽天カードを一定額利用することでもらえるポイントに分かれます。
店長
店長
入会時に爆発的にポイントが貯まるキャンペーンを利用するのが、ポイントをたっくさん貯めるおすすめの方法ですね。

楽天カードの利用方法

次は楽天カードの利用方法です。

お買い物での利用箇所は大きく3つ。

  1. 街でのお買い物時に利用
  2. 楽天市場で利用
  3. 楽天以外のネットショッピング時に利用

街でのお買い物時、クレジットカードが利用できるお店では、楽天カードを利用するとお伝えし提示しましょう。

楽天市場での買い物をするときは、事前に楽天市場で楽天カードを主カードとして登録しておきましょう。

楽天以外のネットショッピングで楽天カードを利用しても、決済もできますし楽天ポイントが貯まります。

上記はいずれもお買い物になりますが、他にも楽天サービスを利用する際に楽天カードが利用できます。

  • 楽天カードを利用して楽天モバイル(スマホ)の支払い
  • 楽天Payに楽天カードを紐付けてQRコード決済
  • 楽天トラベルの支払いに楽天カードを利用

楽天PayはQRコード決済なので、クレジットカードの利用が不可な場所で力を発揮します。結果としては後払い扱いとなるのでクレジットカードと同じ使い方をすることが可能です。サインや暗証番号の入力が不要となるのでスピーディーに決済できるところよい点ですね。

楽天Payの使用経験としては、串カツ田中、二子玉川東急フード、はなまるうどんなどなどクレジットカード利用ができない場所や楽天Payを利用することでポイント還元が増えるキャンペーンをやっている場所で利用したりしています。

楽天トラベルの利用は、旅行などで割引クーポンが豊富にあったり、楽天独自の宿泊プランがあったりと、とってもお得になります。楽天カードを利用することでポイントが増えたりするキャンペーン(定期・不定期ともにあり)もやってます。

なぜ、楽天カードを持っておくといいのか? 覚えておくと得することは?

なぜポイ活をする人が楽天カードを持っておくといいのか?それは楽天カード利用時のポイント還元と楽天カード支払いのオプション選択がものすごくメリットがあるからです。

楽天カード利用時のポイント還元では、

  • 街でのお買い物時に楽天カードを利用して1%還元
  • 楽天市場で楽天カードを利用して3%還元
  • 楽天以外のネットショッピング時に楽天カードを利用して1%還元

1%以上のポイントが付与されちゃいます。ここで特に触れておきたいのが、楽天市場での利用でポイントが爆増します😀という点。

楽天市場で楽天カード(ベーシックカード)を利用して決済をすると、100円あたり購入で貯まる1ポイントに加えて、楽天カード利用によるポイントがさらに2ポイントもらえます。

ポイントの内訳はこちら。

  • 通常購入分:1通常ポイント/100円、楽天市場での購入で獲得できるポイント
  • 楽天カード通常分:1通常ポイント/100円、楽天カード決済
  • 楽天カード特典分:1期間限定ポイント/100円、楽天カード決済
店長
店長
楽天カード支払いをするだけで、ポイントが+2倍(合計3倍)になっちゃうというお得がつきます。楽天カードを利用してポイント還元率最低が3%ってすごいですよね❗️

「楽天市場での買い物+楽天カード決済」の組み合わせ時にはポイントが爆増しますが、楽天市場のキャンペーンを利用するとポイントがさらにさらに爆増します。ポイント爆増については以下記事を確認ください。

楽天ポイントが貯まったり使ったりできる楽天市場の紹介・始め方・利用方法・覚えておくとよいこと

最後に、楽天カードで支払ったあとの毎月の精算時のオプションについて触れておきましょう。

楽天カードで支払った金額分を、

  • 全て銀行引き落としとする
  • 楽天通常ポイントを支払いに充当する

なお、銀行引き落としですが、楽天カードの支払いを楽天銀行にしておくだけで、SPUがプラス+1倍となるのでこちらも積極的に利用しましょう。

楽天ポイントによる精算ですが、残念ながら期間限定ポイントや他のポイントから交換した楽天ポイントは利用できないので注意しておきましょう。通常ポイントだけ利用が可能です。